1. PCを構成するパーツは?
  2. CPU         - Intel        - AMD
  3. グラフィックボード
  4. マザーボード
  5. メモリー
  6. HDD
  7. 光学ドライブ
  8. 電源
  9. OS
  10. 構成決定
  11. ショップリンク集
  1. 組み立ての手順とパーツの確認
  2. CPUの装着
  3. メモリの装着
  4. マザーボードの組み込み
  5. ドライブの接続
  6. グラフィックボードの装着
  7. ケーブル類の接続
  8. OSのインストール


※クリックでメニューが展開します。
※展開後ダブルクリックで閉じます



バナー


 PCを組み立てる


いよいよ組み立てよう

PCを構成するパーツの全てがそろったら、いよいよ組み立てをする。
組み立て時には注意すべきことや手順を間違えないようにして、一発での正常起動を目指そう。


■ 組み立ての手順


CPUの装着
 ↓
メモリーの装着
 ↓
マザーボードをケースに収める
 ↓
HDD、光学ドライブ、フロッピードライブの接続
 ↓
グラフィックボードの接続
 ↓
電源など各種ケーブルの接続
 ↓
OSのインストール
 ↓
自作パソコンの完成!

このような手順で組み立てるのがセオリーだ。




組み立てるPCの構成

今回解説で組み立てるPCは下記のような構成のものである。
あくまで一例であるが参考として。


CPU Pentium4 550 (3.4GHz)
グラフィックボード RADEON X1600XT搭載ボード
マザーボード ASUS P5LD2 (Intel 945Pチップセット)
メモリ DDR2-533 512MB×2
HDD Maxtor 6L250S0 (250GB SATA)
光学ドライブ NEC ND-4550A (ハイパーマルチ)
電源 ケース付属 450W
OS Windows Vista Home Edition



CPU: Pentium4 550 グラフィックボード: RADEON X1600XT
マザーボード: ASUS P5LD2 メモリ: DDR2-533 512MB×2
HDD: Maxtor 6L250S0 光学ドライブ: NEC ND-4550A


このほかの構成でも基本的な組み立て手順は変わらないので安心してほしい。




すべてのパーツがそろっていることを確認したら早速組み立てていこう。
次のページから順を追って一つずつ説明していく
画像が多いので表示に時間がかかるかもしれない。

back next
▲このページのトップへ戻る


Copyright 2005-2007 Amunzen All Rights Reserved

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO